驚き!おもしろツバメ豆知識

つばめの種類

ひとえにツバメと言っても、この地球上にはたくさんの種類が生息しています。今回はスズメ目・ツバメ科とアマツバメ目・アマツバメ科を代表するいくつかの種類を紹介していこうと思います。あらかじめ注意しておかなければならないのは、ツバメ科とアマツバメ科は見た目がそっくりなため同じ種類の鳥と思われがちですが、足の構造などが異なるため違う種類の鳥です。


ツバメ   イワツバメ
ツバメ (スズメ目、ツバメ科)
夏鳥として北海道から九州の種子島ぐらいまでの地域に生息する日本で最も多く見られる種類のツバメです。全長は約17cm。背側は光沢のある黒色で腹側は白く、のどと顔は赤色をしている。
人家などの人間が造った建造物にお椀型の巣を作ることが多く、これはカラスなどの外敵があまり近寄らないためと考えられている。
  イワツバメ (スズメ目、ツバメ科)
夏鳥として九州よりも北の地域の平地や山に生息している。全長は13-15cmとツバメよりもやや小さく、尾羽の切りこみも浅い。背側は光沢のある黒色で、腹側と腰のあたりが白い羽毛で覆われている。
海岸や山の岩場などに泥や枯れ草を用いて巣を作る。そのため、日本ではイワツバメという名称で呼ばれている。
     
アマツバメ   ハリオアマツバメ
アマツバメ (アマツバメ目、アマツバメ科)
夏鳥として日本全国に生息していて、高山や海岸の断崖の割れ目などに巣を作ります。全長は19-20cmとツバメよりもやや大きく、尾羽はツバメと同じくアルファベットの「V」字型をしている。
全身は黒や茶褐色の羽毛で覆われていて、のどと腰のあたりは白い羽毛で覆われている。
  ハリオアマツバメ (アマツバメ目、アマツバメ科)
夏鳥として繁殖のため日本に飛来し、春から秋にかけて見かけることができる。全長は約21cmと大きく、体型も太い。全身は黒褐色の羽毛で覆われていて、のどや額、腹部から側面にかけては白い羽毛で覆われている。崖の隙間や樹洞に枯れ草や羽毛を唾液で固めてお椀状の巣を作る。



つばめの種類
巣作り
産卵
えさと子育て
巣立ち
渡り鳥として
つばめの一生
能力
つばめとすずめ
中華料理「燕の巣」?
天気とつばめ
私達の生活とつばめ


《HOME》