驚き!おもしろツバメ豆知識

えさと子育て

ツバメは、いったい何を食べて生きているのか?親はヒナをどうやって育てるのか?ここでは、そんなツバメの「エサと子育て」についての疑問を解消していきたいと思います。


エサの種類ツバメはハエ、トンボ、ミミズ、クモなどの生きた昆虫を食べます。親ツバメなら、それらのエサをすぐに探して捕ってくることができますが、人間の場合はなかなかそうはいかないと思います。
その場合に、代わりとして使えるのがこのミルワームやブドウムシです。ミルワームはペットショップに売っていますし、ブドウムシは釣り具店などで売られています。ツバメのヒナをもし育てることになった場合などにぜひ参考にしてみてください。

 

エサをヒナにあたえる親孵化(ふか)したヒナは、その後巣の中で20〜24日間生活したのち巣立ちを行う。
その間、オスとメスが分担して子育てを行います。

エサは親が空中を飛びまわりハチ、ハエ、トンボ、アブなどの生きた昆虫を捕ってきて、口を大きく開けながら待つヒナ達にクチバシで与えます。




つばめの種類
巣作り
産卵
えさと子育て
巣立ち
渡り鳥として
つばめの一生
能力
つばめとすずめ
中華料理「燕の巣」?
天気とつばめ
私達の生活とつばめ


《HOME》